本日の 2ch ネタランキング

ワイ、ついに言語に意味が無いことを悟る

Zチャンネル@VIP
ページトップへ

最新の2chRSSニュース

JTの3月期は過去最高益 消費税増税分は「適切に転嫁」

 日本たばこ産業(JT)が25日発表した2013年3月期連結決算は、最終利益が前期比7・1%増の3436億円と過去最高となったほか、売上高に相当する「売上収益」も4・2%増の2兆1201億円と、増収増益になった。  東日本大震災後に落ち込んでいた国内販売のシェアが回復したほか、海外事業の販売が好調だった。今期予想は売上高が11・7増の2兆3680億円、最終利益は20・8%増の4150億円を見込む。  小泉光臣社長は、来年4月の消費税増税について、「増加分は適切に転嫁したい」と転嫁値上げの意向を示した。値上げ前の駆け込み需要として、今期の販売数量を約30〜50億本分押し上げる効果があると予想している。

名古屋高裁金沢支部 1票格差違憲判決

去年の衆議院選挙の1票の価値の格差を巡る裁判で、名古屋高等裁判所金沢支部は「去年の選挙は憲法に違反する」という判決を言い渡しました。 一連の裁判で「憲法違反」の判断が示されたのは今回が4件目です。 去年12月の衆議院選挙は、選挙区ごとの1票の価値に最大で2.43倍の格差があったことについて弁護士などのグループが「国民の意思を反映した正当な選挙と言えない」などと主張して、全国14の裁判所に選挙の無効を求める訴えを起こしています。 18日は、このうち福井県と福岡県の選挙区を対象にした裁判で判決が言い渡されました。 名古屋高等裁判所金沢支部の市川正巳裁判長は「最高裁がおととし『憲法違反の状態』と指摘してから選挙まで十分な時間があったのに区割りの改定が行われなかった」として去年の選挙は憲法に違反するという判断を示しました。 選挙を無効とすることまでは認めませんでした。 一方、福岡高等裁判所の西謙二裁判長は、1票の格差は憲法違反の状態だとしながらも去年、小選挙区を5つ減らす「0増5減」の法律が成立したことを考慮し、「国会は暫定的ではあるが格差を改善する対応をとった」として去年の選挙が憲法違反とまでは言えないと判断しました。 この結果、一連の裁判でこれまでに出された6つの判決のうち4件が「憲法違反」、2件が「憲法違反の状態」という判断になりました。

アダルトのネタ