本日の 総合 ネタランキング

【訃報】 漫画家・つかじ俊氏死去、27歳の若さで…がん闘病中 連載2話で中止

にゅーす特報
ヤングエース 2017年10月号がん闘病中だった漫画家のつかじ俊氏が9月25日、死去したことがわかりました。

1日、ブログやツイッターなどで家族が報告。昨年4月に「きょうのきゅうしょく!」の連載が2話で中止になった月刊漫画雑誌「ヤングエース」も2日、ツイッターで発表しました。

つかじ氏のブログとツイッターで、家族一同として「平成29年9月25日に安らかに旅立ちました。生前、作品を愛してくださいました皆さま、また、お世話になりました先生、出版関係の皆さまには深く感謝申し上げます」と悲しみの報告。「さらに、闘病に関して多くの方々から応援を頂き、励ましの言葉を掛けてくださいましたことは、どれほど本人の心の支えになっていたか、深く深く感謝と共にお礼申し上げます。いつの日も、心の片隅に思い出として残していただけることを念じて、旅立ちの報告をさせていただきます」とつづっています。 続きを読む
ページトップへ

最新の総合RSSニュース

EU カルテルで矢崎総業など5社に制裁金

EU=ヨーロッパ連合は10日、自動車の電気系統の配線に使われる部品の販売を巡って、日本の矢崎総業や古河電気工業など5社が、不当に価格を調整していたとして、合わせておよそ1億4200万ユーロ(日本円で184億円)の制裁金を科したと発表しました。 EUの執行機関であるヨーロッパ委員会は10日、自動車のパワーウインドーやデジタルパネルなどに電気を送る配線に使われる「ワイヤーハーネス」と呼ばれる部品の販売を巡って、矢崎総業や古河電気工業など5社が、カルテルを結んで不当に価格を調整し、自動車メーカーに販売していたとして、合わせておよそ1億4200万ユーロ(日本円で184億円)の制裁金を科したと発表しました。 このうち大半のおよそ1億2500万ユーロ(日本円で163億円)は矢崎総業に対して科されます。 また、住友電気工業も不当な価格調整に加わっていたと認定されましたが、ヨーロッパ委員会に最初に申告し、調査に協力したとして、制裁金は免れました。 これについてヨーロッパ委員会のアルムニア委員は、「自動車部品を巡る価格カルテルは、自動車産業の競争を阻害するだけでなく、消費者にとって価格を不当に引き上げる結果を招いている」として、厳しい対応を取っていく方針を強調しました。

4−6月期の最終利益 三井物産は減益、伊藤忠は増益

 三井物産と伊藤忠商事が6日発表した2014年4〜6月期連結決算(国際会計基準)の最終利益は、鉄鉱石価格の下落などで三井物産が減益、好調な非資源の割合が高い伊藤忠商事は増益だった。  三井物産の最終利益は、エネルギー関連の受取り配当金の減少もあり、前年同期比3.9%減の1278億円だった。通期の最終利益予想3800億円に占める第1四半期の進捗(しんちょく)率は34%。同日記者会見した岡田譲治副社長は「滑り出しは順調だが、資源価格や地政学リスクの動向も注視したい」と述べ、通期業績見通しは据え置いた。  一方で伊藤忠商事は食料や機械など非資源が牽引(けんいん)し、前年同期比18.4%増の808億円だった。

エロ画像のネタ