本日の エロ画像 ネタランキング

おま○この断髪式w綺麗ツルツルにしたらあとは思う存分エッチしちゃう激カワ美少女★桃乃木かな

抜きん出たエロ画像・動画





おま○この断髪式w綺麗ツルツルにしたらあとは思う存分エッチしちゃう激カワ美少女★桃乃木かな




「中でいっぱいイッて?」10日間の禁欲生活の末、性欲モンスターと化したビッチ娘たちが逆レイプ!松本メイ 宮崎あや あべみかこ なつめ愛莉

抜きん出たエロ画像・動画





「中でいっぱいイッて?」10日間の禁欲生活の末、性欲モンスターと化したビッチ娘たちが逆レイプ!松本メイ 宮崎あや あべみかこ なつめ愛莉




ページトップへ

最新のエロ画像RSSニュース

思い切った投資減税で法人負担軽減=成長戦略最終案

 [東京 12日 ロイター] - 政府は12日夕、産業競争力会議を開き、14日に閣議決定する成長戦略の最終案を提示した。前週にまとめた素案の通り、成長戦略を含む三本の矢の実施で、今後10年間の平均で名目成長率3%程度、実質成長率2%程度の成長を実現することを目指すと明記。10年後には1人当たり名目国民総所得(GNI)が150万円以上拡大することが期待されるとした。  素案発表の後に安倍晋三首相が明言した投資減税については、「生産設備や事業の新陳代謝促す枠組みを構築し、思い切った投資減税で法人負担を軽減する」と明記した。  今回の成長戦略は大胆な金融政策、機動的な財政政策という安倍政権の第一、第二の矢に次ぐ三本目の矢で、民間の力を引き出すことで日本再生につなげるため、「日本産業再興」、「戦略市場創造」、「国際展開戦略」の3つのアクションプランを打ち出した。  「日本産業再興プラン」では今後5年間を緊急構造改革期間と位置づけ、民間投資拡大や過剰規制改革をめざし、「産業競争力強化法」を秋の臨時国会に提出する方針。今後3年間を「集中投資促進期間」とし、税制・予算などあらゆる施策を総動員。3年間でリーマン・ショック前の年間70兆円の設備投資に回復させる。個人保証制度見直しなどで投資を促進、開業率が廃業率を上回る状態とし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台(現状約5%)を目指すとした。  また、公的資金について、運用、リスク管理体制などのガバナンス、株式への長期投資におけるリターン向上のための方策などについて有識者会議で検討し、秋までに結論を得るとした。  「戦略市場創造プラン」では、健康長寿産業を創るとし、健康予防・生活支援関連産業の市場規模を2020年に10兆円(現状4兆円)に拡大するほか、医療品、医薬機器、再生医療の医療関連産業の市場規模を2020年に16兆円(現状12兆円)に拡大する。日本版NIH(国立衛生研究所)を創設し、インターネットによる一般医薬品の販売も原則解禁することを盛り込んだ。  エネルギー産業では、2020年に約26兆円(現状8兆円)の内外のエネルギー関連市場を獲得する。  農林水産業に関しては、2020年に6次産業の市場規模を10兆円(現状1兆円)とし、農林水産物・食品の輸出額を1兆円にする。また今後10年で農業・農村全体の所得を倍増させるとした。  「国際展開戦略」では、 経済連携を推進。2018年までに貿易のFTA(自由貿易協定)比率70%(現状19%)を目指すとし、2020年までに中堅・中小企業の輸出額の2010年比2倍を目指す。 さらに2020年に30兆円(現状10兆円)のインフラシステム受注を実現するとしたほか、海外の医療技術・サービス市場の1.5兆円を獲得するとした。  今回の成長戦略は、成長戦略によって何を目指すのかを明示し、必要なステップ(法改正や予算・税制措置など)をいつまでに終わらせるかを工程表という形で可能な限り明らかにした点で、従来の成長戦略と違うと指摘。早期に実現するものについては8月末までに詳細を明らかにし、準備が整い次第、実行に移す。さらに「国家戦略特区」を創設し、大胆な規制改革の突破口とする。  また、大きな政策群ごとに達成すべき「成果目標」(KPI)を示し、成果目標レビューを行う。  (石田仁志)

皆既月食を全国で観測 次は来年4月

満月が地球の影に隠れて月全体が暗くなる皆既月食が、8日夜、全国各地で観測されました。 月食は、太陽と地球、それに月が一直線に並び、月が地球の影に入って暗くなる現象です。 月は、全国的に8日午後6時14分ごろから欠け始め、午後7時24分ごろには月全体が地球の影に隠れる「皆既」状態になりました。「皆既」状態は、午後8時24分ごろまで1時間続き、地球の大気の層で屈折した太陽光によって、赤黒く輝く月が全国各地で観測されました。 そのあと月は、午後9時34分ごろには完全に地球の影から抜け、月食は終わりました。 国内で皆既月食が観測されたのは、平成23年12月以来、およそ3年ぶりで、今回は観測しやすい時間帯だったうえ、比較的雲の少ない地域が多かったことから、全国各地で大勢の人が秋の夜空に繰り広げられた天体ショーを楽しみました。 国内で次に皆既月食が観測できるのは、来年4月4日です。

総合のネタ