本日の 一般ネタ ネタランキング

まるで美人姉妹。若々しく美しい母親とその遺伝子を受け継いだそっくり娘のツーショット写真

ガラパイア
top

 そういや日本で「美魔女」とかいう言葉が流行ったのいつだったっけか?いつまでも若々しい女性たちは、インタビューで「特別何もしてませんの」とか良くいうけれど、もしそれが本当だとしたら、そういう遺伝子の持ち主なのだろう。

 海外でも美しい母親は存在するし、なんなら娘も相当きれいだ。一緒に歩いていたら美人姉妹と間違われることだろう。

 海外サイトにてそんな美しい母娘の写真が集められていた。
続きを読む
ページトップへ

最新の一般ネタRSSニュース

中国 鳥インフル感染者21人に

H7N9型の鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染が相次いでいる中国東部で、7日、感染者が新たに3人確認されて合わせて21人となり、中国政府は鶏などの家きん類に感染が拡大している可能性もあるとして、感染源の特定を急いでいます。 新たに感染が確認されたのは、上海市に住む59歳と67歳の男性と安徽省の亳州市の55歳の男性で、いずれも病院で治療を受けています。 中国国営の新華社通信によりますと、このうち安徽省の男性は生きた家きん類を販売する仕事をしていたということです。 H7N9型の鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されたのはこれまでに上海市、江蘇省、浙江省それに安徽省で合わせて21人となり、このうち6人が死亡しています。 中国農業省は、上海と杭州の市場の鶏やハトなどからH7N9型のウイルスが検出されていることから、鶏などの家きん類の間で感染が拡大している可能性もあるとみて、市場や養鶏場などで1万件以上のサンプルを集めて分析を進めるなど、感染源の特定を急いでいます。

【ローマ法王選出】第266代フランシスコ?世 初の南米出身 質素、内…

 【バチカン市=宮下日出男】新ローマ法王にアルゼンチン出身のブエノスアイレス大司教、ベルゴリオ枢機卿が選ばれ、イタリアや欧州出身者が法王を占めてきた伝統が破られた。世界最大のカトリック人口を抱える中南米で長年、現場での布教活動に尽力してきたベルゴリオ枢機卿の選出は、醜聞や信者の教会離れに悩むカトリック教会に新風を吹き込むことになるか注目される。  「バチカンの豪華さに対するアンチテーゼ」。伊メディアは法王選出後、ベルゴリオ氏の過去の取り組みをこう報じた。  イタリア系移民の家庭に生まれたベルゴリオ枢機卿は化学技師を目指すも病気で片肺を失い断念。22歳でイエズス会に入り、1998年からブエノスアイレス大司教を務める。大司教用の居宅を使わず、アパートで暮らし、自炊もする。移動にはバスなど公共交通機関を使う。  教義の問題に集中するより、教会活動では社会奉仕を重要とするのが信条。自らスラム街を回って人々と接し、同僚の司祭らに対しても「外に出て兄弟と交流を図れ」と求める。その姿勢は、閉鎖的な世界で内部闘争も指摘されるバチカンとは一線を画す。

総合のネタ