本日の 芸能 ネタランキング

【エロ体験談】小悪魔な後輩に童貞を捧げた話

メンズサイゾー
※イメージ画像  テレビで微笑むアイドルよりも、毎日よくいくコンビニの愛想のいいアルバイトのコのほうが、なんだかわからんけどグッときたりするのが男のサガ。そこにエロが絡んでくれば、なおのこと。  超絶ボディのAV女優には当然興奮するけど、現実世界でそんな上玉と出会うことは難しい…
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

ビットコイン対策、麻生氏「早急に詰める」

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC=Bitcoin)」の取引サイトを運営するマウントゴックス社(東京)が28日、民事再生法の適用を申請したことを受け、政府は不正な資金取引の防止や消費者保護の観点から対策に乗り出す。  警察庁など関係省庁がマウントゴックス社の取引の実態を詳しく調査した上で、具体的な対応策を検討する。  麻生財務・金融相は28日午前の閣議後の記者会見で「早急に(対策を)詰める」と述べた。森消費者相も他省庁と連携して消費者保護の対策を検討する考えを明らかにした。  日本の法律では、BTCは「通貨」や金融商品とみなされず、金融商品取引法などの規制の対象外だ。また、匿名で取引が行われるため、マネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪の温床になりやすいとされる。 (2014年3月1日11時12分 )

首都圏マンション販売 4か月連続減少

先月、首都圏で発売された新築マンションの戸数は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動などで前の年の同じ月に比べて13%減少し、4か月連続のマイナスとなりました。 民間の調査会社「不動産経済研究所」によりますと、先月に東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で発売された新築マンションの戸数は、合わせて4300戸で、前の年の同じ月に比べて13.4%減少しました。 マンションの発売戸数は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動が続いていて、減少はこれで4か月連続となりました。 ただ、建築コストが上昇するなか、販売会社側がマンション価格を抑えて売り出す動きが出ているため発売戸数の減少幅は、前の月より小さくなっているということです。 不動産経済研究所は「しばらくは価格を抑えながら一定数の物件が供給されるとみられるが、秋以降は建築コストの上昇を価格に反映せざるを得ない状況になる見通しで、消費者がこれをどう受けとめるかが注目される」と話しています。

2次元・アニメのネタ