本日の 芸能 ネタランキング

ポストとんねるずwwwwww

芸能人の気になる噂
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 13:34:41.44 ID:CAP_USER9

今春からフジテレビ系で放送されているお笑い番組「新しい波24」。

お笑い界の次世代スターを発掘するコンセプトの同番組は、“8年ごとにビッグスターが出現する”説に基づき8年おきに放送。今回は2009年の「新しい波16」に続く4シリーズ目となる。

29組の若手芸人に加え、ナインティナインの岡村隆史も“後見人”として出演している。

そんな同番組について業界内からこんな評判が聞こえてきた。

「ライスやバンビーノが出ていた8年前より出演芸人が粒ぞろいという印象で、各事務所の評価も上々の番組ですよ」と語るのはお笑い関係者だ。続けて話す。

「後見人として出演している岡村さんの存在も大きい。若手芸人の面白さを積極的に評価する彼のおかげで、視聴者も笑いやすくなる仕組みになっています」

そんな同番組で「『ポストとんねるず』の逸材と期待されているコンビも出ているんですよ」と前出・関係者は語る。その期待を背負うコンビとは?

「谷口理と田中ショータイムの『フースーヤ』です。

ふたりはともに24歳で芸歴2年目。神戸出身で関西弁なんですが、ギャグでたたみかけるノリの良いネタにキレがあり、
今後『ポストとんねるず』になり得るコンビです。岡村さんも大絶賛していますよ」

今後の活躍に注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1344494/
2017.08.14 09:59 アサ芸プラス

11

続きを読む
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

名護漁協 普天間移設の埋め立て同意

沖縄県のアメリカ軍普天間基地の移設問題で、移設予定地に漁業権を持つ地元の漁業協同組合は11日、臨時総会を開き、埋め立てへの同意を決めました。 ただ漁協側は、漁業補償を巡る協議がまとまらないかぎり、同意書は提出しない構えで、政府は、漁協側との協議も踏まえて、沖縄県に埋め立て申請を行う時期を判断することにしています。 沖縄県のアメリカ軍普天間基地の移設予定地になっている名護市辺野古の沿岸部に漁業権を持つ名護漁協は、埋め立てに同意するかどうかを組合員に諮るため、11日に臨時総会を開きました。 そして無記名による投票の結果、委任状を含め、出席した組合員90人のうち88人が賛成、2人が反対で、3分の2以上が賛成の意思を示したことから、漁協として埋め立てに同意することを決めました。 そのうえで、漁業補償を巡る国との協議は古波蔵廣組合長ら理事会に一任しました。 これを受けて今後、漁業補償を巡る協議が本格化する見通しですが、漁協側は、協議がまとまらないかぎり、同意書を提出しない姿勢を示しています。 政府は、漁協の同意書がなくても沖縄県に埋め立て申請を行うことは可能だとしていますが、地元の理解を得ながら手続きを進めることにしており、漁協側との協議も踏まえて、申請の時期を判断することにしています。

【フィギュア】「意地と気合」羽生が逆転V “世界最強”のフィナーレ

 「意地と気合だった」。戦いを終えた王者は氷上にぐったりとひざまずいた。ゆっくりと立ち上がり、会場の大歓声に笑顔で応える。  昨年12月のグランプリファイナルも制した五輪金メダリストは同一シーズンの世界選手権も制し、「絶対王者」へと駆け上がった。  羽生には調子のバロメーターとなるジャンプがある。体の回転軸を確認する3回転ループ。午前の練習で不安定だったこのジャンプを直前の6分間練習できれいに着氷。気持ちが落ち着いた。  五輪で失敗した冒頭の4回転サルコーを主要大会で初めて成功。SPでは転倒した直後の4回転トーループも鮮やかに跳んだ。  午前中はトーループで失敗が目立ち、珍しくリンク上でベストのときの映像をタブレット型端末で確認していた。スピンやステップの練習を省いてまでも、好感触をつかむことにこだわったこのジャンプの成功で、SP3位からの逆転優勝へ道筋が見えた。  フリーの失敗で悔しさが残った五輪の“借り”も返し、全体トップの191.35点をマークして立った頂点だった。  腰や膝の痛みで、体は満身創痍(そうい)だった。大会前、五輪金メダルの重圧も「すごくある」ともらしていたが、「プレッシャーに負けるのではなく、挑戦できることが楽しい」と笑った19歳。その言葉通り、重圧をはね返し、“世界最強”の肩書きを手にしてシーズンを締めくくった。(田中充)

一般ネタのネタ