本日の 芸能 ネタランキング

【サッカー】<杉山茂樹 >ハリルを全面的に讃える気はない。祝福ムードに流され、反省、検証を忘れるのが日本人の悪い癖

芸スポまとめblog
1 名前:Egg ★@\(^o^)/ [sageteoff] 投稿日:2017/09/04(月) 21:18:58.79 ID:CAP_USER9.net
ほぼ互角。むしろ前半41分に日本が先制ゴールを挙げるまで、内容ではオーストラリアの方がよく見えるほどだった。日本は、従来の代表チームがこだわってきたパスワークという点で、オーストラリアに上回られていた。出し手と受け手の2者間の関係に終始しがちな日本より、オーストラリアは可能性を感じさせる上質なパスワークで対抗した。

 そうした中で飛び出したのが、左サイドバック長友佑都の戻りながらのクロスボール。身長170センチの俊敏な動きを、オーストラリアの最終ラインは、珍しいものを見るように、必要以上に目で追いかけてしまった。

 その間隙を突き、ラインの裏側に飛び出した浅野拓磨のアクションも、相手の意表を突くのに十分だった。瞬間、逆モーションで入れ替わった浅野は完全なフリーになると、ミートに失敗するのではという心配をよそに、ゴールにあっさりと流し込んだ。

「侍」とは、野球の日本代表にも使われる日本の代名詞。そのありきたりすぎて全く使う気が起きない肩書きを、ハリルホジッチはどういうわけか特に最近、好んで使うようになっている。

 しかし、長友、浅野(173センチ)の動きは、侍というより忍者に近いのである。侍よりすばしっこく、抜け目ない。

 先制点のシーンで、左サイドで長友にパスを配球した井手口陽介も171センチの小兵だ。身体能力高めのアスリートタイプだが、俊敏さも兼ね備える。後半37分には、緩慢なオーストラリアDFの間を縫うようにドリブルで突き進み、追加点を叩き出している。さらに左ウイングで先発し、滑らかな動きを見せた乾貴士も169センチの小柄な選手だ。

 ハリルホジッチの母国、旧ユーゴスラビアは”巨人国”だ。現役時代、自らも大型CFとして鳴らしていた。小さくてすばしっこい“非本田圭佑的”な選手が大男相手には効くことを、反面教師として知っていた可能性がある。

 長友はともかく、浅野、井手口、乾など、これまで優先順位の低かった選手を、この大一番に先発起用したその選手選択の妙が功を奏したことは確かだった。オーストラリアは彼らの対処に手を焼き、ついその動きを見過ぎてしまった。最後までパスサッカーのテンポが上がらなかった大きな理由だと思う。

 もうひとつオーストラリアの敗因を挙げるならば、後ろの方に人が多く分布するその3-4-2-1の布陣だ。前回、メルボルンで戦った時も、4バックの中では守備的な部類に入る中盤ダイヤモンド型4-4-2を採用していたが、今回はそれ以上だった。日本の1トップ(大迫勇也)に対して守備者3人が、3トップ(乾、大迫、浅野)に対しては5人が、後ろで構えた。

 アンジェ・ポステコグルー監督が目指すのは、中盤をパスワークで支配するサッカーだ。しかし、守備的な布陣を用いながらパスワークで中盤を支配するという方法論には無理を感じる。

 つづく

杉山茂樹  | スポーツライター
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20170904-00075343/

元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504527538/

続きを読む
ページトップへ

最新の芸能RSSニュース

シリア 監視団長“活動限界に”

内戦状態に陥ったとされるシリアでは、各地で戦闘が広がり、国連の停戦監視団の団長は「政府軍と反政府勢力による暴力が激しくなり、監視団の活動が制限されている」と述べて、非武装の監視団の活動が限界に近づきつつあると訴えました。 シリアでは、反政府勢力の自由シリア軍と政府軍の戦闘が各地で広がり、シリアの人権団体によりますと、15日も中部のホムスで市民が攻撃に巻き込まれるなど、各地で少なくとも15人が死亡しました。 こうしたなか、国連の停戦監視団のムード団長は、15日、ダマスカスで記者会見し、「平和的な政権移行に向けて話し合う姿勢が見られず、双方とも軍事行動を押し進める一方だ」と述べ、国連の仲介する停戦が破棄され、内戦状態に陥っているという認識を示しました。 そのうえで、「反政府勢力と政府軍による暴力は、この10日間でさらに激しくなり、双方とも死傷者が増えている。監視団も危険にさらされ、活動が制限されている」と述べ、非武装の停戦監視団の活動が限界に近づきつつあると訴えました。 シリア情勢を巡っては、アサド大統領の退陣を求めて欧米諸国が圧力を強める一方、ロシアなどがシリアへの介入を強硬に反対しており、暴力の停止に向けて国際社会が一致した方策を打ち出せないなか、市民の犠牲が増え続けています。

バス事故 4日も営業所で監査

3日、富山県の高速道路のサービスエリアで、夜行バスが大型トラックに衝突し、バスの運転手と乗客の2人が死亡した事故で、国土交通省は、3日に続いて4日もバスを運行していた「宮城交通」の宮城県名取市にある営業所で監査を行っています。 4日は、午前9時すぎ、国土交通省東北運輸局の職員3人が運転手が所属していた宮城県名取市にある「宮城交通」の仙台南営業所に入りました。 東北運輸局によりますと、3日の監査では死亡した運転手を含めた運転手の健康管理や勤務管理、それにバスの運行計画に明確な違反は見つかっていないということです。 これまでの警察の調べでは、死亡した運転手が事故の前に動かなくなり、亡くなった乗客が「大丈夫か」と声をかけていたのを複数の乗客が目撃していたということで、運転手の体調の変化が事故につながった可能性も出ています。 運輸局は4日の監査で、引き続き記録を調べたり社員から聞き取りをしたりして、運転手の健康管理などに問題がなかったかどうかなどを調べることにしています。

2次元・アニメのネタ