本日の 2次元・アニメ ネタランキング

『ぷりそく!GAME』 #06 スマイルプリキュア!さんすうあそび

ぷりそく!
 『ぷりそく!GAME』 #06 スマイルプリキュア!さんすうあそび
「やよいちゃん」が算数のミニゲームに挑戦!



続きを読む
ページトップへ

最新の2次元・アニメRSSニュース

米中韓 日本外して専門家協議

アメリカ、中国、韓国の3か国の政府当局者や専門家が、東アジアのさまざまな問題を話し合う初めての会議が韓国のソウルで開かれ、北朝鮮の核問題への対応などで3か国が連携していくことの重要性などを確認したものとみられます。 この会議は、アメリカ国務省のラプソン朝鮮部長や、中国の陳海公使、それに、韓国外務省のイ・ドフン北朝鮮核外交企画団長も参加して、3か国の専門家らを中心に開かれました。 冒頭で、韓国のユン・ドンミン国立外交院長は、このところ、米韓、米中、中韓のそれぞれの間で首脳会談が行われたと指摘したうえで、「朝鮮半島の非核化や北東アジアの安定のための真の共感が米中韓の間で形成された」と強調しました。 会議で、出席者は、3か国が連携していくことの重要性などを確認したものとみられます。 今回の会議は、当初、韓国のパク・クネ政権が、3か国の政府高官が協議する「米中韓戦略対話」として行うことを目指し、歴史認識を巡る問題などで、関係がぎくしゃくしている日本を外すねらいもあると受け止められています。 日米韓の結束をアジア外交の基盤と考えるアメリカ政府と、北朝鮮に配慮する中国政府が消極的な対応にとどまったため、今回は、専門家が中心の会議になったとみられていますが、韓国政府は今後も、政府高官による協議の場にすることを目指すとしています。

福井知事“首相の訴えで国民理解を”

関西電力大飯原子力発電所を巡り、福井県の西川知事は、4日、細野原発事故担当大臣と会談し、野田総理大臣は、運転再開の必要性について、直接、国民に訴えて理解を得るべきだという考えを強調しました。 この中で、福井県の西川知事は「原発の再稼動について、総理大臣が国民に直接訴え、疑問に答えていただくことが国民の安心と支持につながる。そうした対応がなされれば、県民の理解を得る努力をし、県議会やおおい町の意見を聞いたうえで、問題解決をしたい」と述べ、野田総理大臣は運転再開の必要性について、直接、国民に訴えて理解を得るべきだという考えを強調しました。 そのうえで、西川知事は、大飯原発の監視体制に県の職員を加えるとともに、新しい原子力の規制機関を早急に発足させること、それに使用済み核燃料の問題について、国と事業者に加え、電力消費地を含めた検討体制を作ることなどを求めました。 これに対し、細野大臣は「政府は1年以上にわたり、原発の安全性の向上に向けた努力を進めてきた」と述べたうえで、監視体制に県の職員を参加させることなどについて、前向きに対応する考えを示しました。 会談のあと、細野大臣は記者団に対し、「政府の考えをしっかりと説明させていただいたので、今後、福井県の判断を見守りたい」と述べました。 政府は、大飯原子力発電所の3号機と4号機の運転再開について、福井県の同意が得られれば、改めて関係閣僚による会合を開き、運転再開を正式に決定する方針です。

NAME
E-MAIL
SUBJECT
TEXT
KEY
URL

エロ画像のネタ