本日の アダルト ネタランキング

【家庭教師】家庭教師に媚薬を飲ませたら...【ThisAV】

ゆうすけべぶろぐ

【家庭教師】家庭教師に媚薬を飲ませたら...【ThisAV】

人気シリーズ第7弾。今回も娘の家庭教師にエッチなことをしたい父親が飲み物にこっそり媚薬を投入。そんなことも知らず媚薬を飲んでしまった家庭教師は徐々に身体が火照りだしこっそりオナニーを始める。さらに心配するフリをして近づいた父親がひくほどの誘惑でSEXを要求。絶頂&痙攣を繰り返し激しい潮吹きまで!!


続きを読む
ページトップへ

最新のアダルトRSSニュース

米高官 タリバンと直接協議再開の方針

アメリカ政府の高官は、混乱が続くアフガニスタンの和平に向けて、反政府武装勢力タリバンと直接協議を再開させる方針を明らかにしたうえで、アフガニスタンで近く誕生する新政権との和平交渉に応じるようタリバンに働きかけていく考えを示しました。 アメリカ政府でアフガニスタンを担当するドビンズ特別代表は、東京で15日に開かれるアフガニスタン支援の国際会議に出席するため来日し、NHKの単独インタビューに応じました。 このなかでドビンズ氏は、アフガニスタンの和平に向けてアメリカが水面下で行ってきたタリバンとの直接協議について、現在はタリバン側の意向で中断されているとしたうえで「アメリカは協議に応じる用意がある」と述べ、タリバンとの直接協議を再開させる方針を明らかにしました。 そのうえで「最も重要なのは、タリバンがアフガニスタン政府と和平交渉を行うことだ」と述べ、タリバンに対してアフガニスタンで近く誕生する新政権との和平交渉に応じるよう働きかけていく考えを示しました。 さらにドビンズ氏は「公正な選挙を通して新しい大統領が選ばれれば、タリバンも自らの立場を考えざるを得ない」と指摘したうえで、「タリバンが軍事的な選択肢はないと年内に判断することを期待している」と述べ、新政権が誕生することでタリバンとの和平交渉の実現に向けた機運が高まることに期待を示しました。

旅券返納の男性会見「あしき前例を危惧」

外務省からシリアへの渡航を差し止められた新潟市のフリーカメラマンの男性が都内で記者会見し、「あしき前例となって、報道の自由が奪われることを危惧している」と述べ、今後、裁判などで争っていく考えを示しました。 新潟市のフリーカメラマン、杉本祐一さん(58)は、イスラム過激派組織「イスラム国」が勢力を拡大するシリアへの訪問を計画していましたが、今月7日、外務省から旅券法に基づいてパスポートの返納を命じられ、渡航を差し止められました。 これについて杉本さんは、都内で開いた記者会見で、「カメラマンの仕事を失うことであり、私の人生の否定だ。『イスラム国』の支配地域に入るつもりはなく、決して無理はしないと決めていた」と述べました。 そのうえで、「私のことがあしき前例となってほかの報道関係者までパスポートの返納を求められ、報道の自由が奪われることを危惧している。最後まで戦うつもりだ」と述べ、外務大臣への異議申し立てや、返納命令の取り消しを求める裁判を起こす考えを明らかにしました。

芸能のネタ