本日の アダルト ネタランキング

ページトップへ

最新のアダルトRSSニュース

米緩和策継続、大統領選影響も

ロムニー氏は慎重姿勢  【ワシントン=岡田章裕】米連邦準備制度理事会(FRB)は24日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、9月に導入した量的緩和策第3弾(QE3)の継続を決めた。市場が注目するQE3の規模は、12月11、12日の次回会合で方向性が出る可能性がある。ただ、11月6日の米大統領選で、QE3を批判する共和党のミット・ロムニー候補が当選すれば、緩和路線の修正につながりそうだ。  FRBはQE3として、月あたり400億ドル(約3兆1000億円)の住宅ローン担保証券(MBS)を買い入れているが、買い入れ総額は明らかにしていない。ただ、10年11月〜11年6月に月あたり750億ドル、計6000億ドルの国債を買い入れたQE2と比べると、規模の面で見劣りするのが実情だ。  FRBはQE3と並行して、保有国債の満期をより長めのものに組み替える金融緩和も行っており、これが年末に期限を迎える。このため、次回会合では、組み替え策を継続するか、打ち切ってQE3の月あたり購入額を増やすか、など今後の金融政策の方向性を打ち出す公算が大きい。  ロイター通信が10月5日にエコノミストを対象に実施した調査によると、QE3の買い入れ総額予想(中央値)は6000億ドルとなった。ただ、予想の幅は2800億ドル〜3兆ドルと開きがある。  次回のFOMCは米大統領選後に開かれるため、選挙結果の影響を受ける可能性もある。  ロムニー候補は、QE3は景気回復の助けにならないとして、実施しないよう求めていた。背景には、過度な金融緩和策は経済の安定やドルの価値を損なうという共和党の考え方がある。  ロムニー候補が当選すれば、その意向に配慮して緩和路線をやや修正し、証券の買い入れペースを落とす可能性もある。 (2012年10月26日 )

【欧州サッカー】ゲッツェ、Bミュンヘン移籍か ドルトムントの20歳M…

 サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの同国代表MFゲッツェが来季、ライバルのバイエルン・ミュンヘンに移籍すると大衆紙ビルト(電子版)が23日に報じた。同紙はBミュンヘンの監督に今夏就任するグアルディオラ氏が、獲得を望んだことなどを伝えている。20歳のゲッツェはドイツ屈指のMF。  ドルトムントとBミュンヘンは今季、そろって欧州チャンピオンズリーグ(CL)で準決勝に進んでいる。(共同)

芸能のネタ