本日の アダルト ネタランキング

ページトップへ

最新のアダルトRSSニュース

大手生保 低価格保険の販売を強化

大手の生命保険会社の間では、医療保険などの出費を抑えたいと考える若い世代が増えているとして、保険料を抑えて保障内容などを絞りこんだ低価格の保険の販売を強化する動きが相次いでいます。 低価格の保険は主に外資系やインターネット系の保険会社が販売してきた商品で、保障内容を絞り込んだり販売の経費を抑えたりして保険料を低く設定しているのが特徴です。 大手保険会社の「第一生命」は、インターネットを通じて保険を販売している会社を「損保ジャパン」からおよそ50億円で買収して子会社とし、再来年度から低価格の保険の販売を始めることになりました。 新会社が扱うのは保障の内容を絞り込んだ商品で、代理店を通じて販売することで経費を抑える計画です。 また「住友生命」と「三井生命」が出資する「メディケア生命」は、低価格の医療保険などの販売を強化するため、現在50余りの金融機関などにある販売ルートをさらに拡充する方針です。 こうした低価格な保険は年々契約が伸びていることから、大手保険会社の間では、初めて契約する若い世代を中心に需要が増えていると見ており、今後も価格を抑えた商品の販売を強化する動きが広がりそうです。

EU ウクライナ暫定政権と協定に署名

EU=ヨーロッパ連合の加盟国の首脳はウクライナの暫定政権との間で、今回の政変とロシアとの対立の発端となったウクライナのEU加盟に道を開く協定の一部に署名し、暫定政権を支援する姿勢を鮮明にすることでロシアをけん制しました。 EUとウクライナは、去年11月の首脳会議で、EU加盟の前提となる協定に署名する予定でしたが、当時のヤヌコービッチ政権が直前に署名を先送りしたことでウクライナで抗議デモが激しくなって政権が崩壊し、今回の欧米とロシアの対立につながりました。 EUに加盟する28か国の首脳は21日、ウクライナの暫定政権のヤツェニューク首相との間で双方の政治的な関係を深めることを目指す協定に署名しました。 署名に際してEUのファンロンパイ大統領は「EUは民主的な社会を目指すウクライナの側にある」と述べ、暫定政権への支援を表明したのに対し、ヤツェニューク首相は「行く手には困難が予想されるが、共に克服できると確信する」と応じました。 今回の協定は、ウクライナのEU加盟に道を開く協定の一部で、双方は、残された貿易の自由化などを目指す経済分野の協定などについても、できるだけ早く署名したいとしています。 EUは当初、協定への署名をウクライナで5月に行われる選挙で選ばれる新たな政権との間で行う方針を示していました。 しかし、ロシアがクリミア自治共和国の編入を宣言するなど、事態が急激に動いていることから、EUとしては暫定政権を支援する姿勢を鮮明にすることで、ロシアをけん制するねらいがあるとみられます。

芸能のネタ